2年次

1年次の学習をもとに専門的な学習を深めます。
新たに医療ケアの実践的な授業も始まり、一人ひとりが確実にスキルを身につけます。2回の実習を終えると各自の問題意識に沿って研究をまとめ、卒業研究発表にも取り組みます。そして、いよいよ社会に羽ばたきます。
2年次

timetable1

障害の理解(聴覚障害)

障害の理解

聴覚障害についての理解を深めるために、手話通訳士の教員が講義を担当します。多様な経験に基づいた具体的で実践的な内容であり、正しい理解と対象者への援助技術を身につけます。

生活支援技術ⅡB(ケアセラピスト)

ケアセラピスト

高齢者が健康に若々しく、そして元気に生きがいを持って生活することを支援するためにスキンケアの技術を学びます。
ハンドトリートメントを中心に学び、日本ケアセラピスト協会から認定証も発行されます。

医療的ケア

医療ケア

2011年6月、社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正により介護福祉士による「喀痰吸引等」が一定の条件の下で認められました。
50時間の講義と演習により知識と技術を確実なものにします。

介護過程Ⅲ

介護過程Ⅲ

実習中のさまざまな事例を研究し、よりより介護サービスを提供できる能力を養います。
各自が実施した介護計画をふり返り、問題意識を互いに共有し、意見交換を行います。卒業生も参加する卒業研究発表会では、各自の研究成果を発表し合います。

介護実習計画

段階 期間 施設
介護実習Ⅱ a
介護実習Ⅱ b
6月-2週間
9月-4週間
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
デイサービスセンター
訪問介護
障害者施設

国家試験対策講座

国家試験対策講座

介護福祉士養成校でも国家試験の受験が必須になります。合格に向けての対策講座を設けています。
介護福祉士資格取得を目指し、基礎を振り返りながら、出題傾向や過去問題なども参考に、合格に向けてのノウハウを効果的に学習してきます。

在校生からのメッセージ

安田 臣(高校卒業→世田谷福祉)

介護現場での実習で貴重な経験ができました

安田 臣

特別養護老人ホームで初めての実習をしました。とても緊張しましたが、施設の職員さんや先生のサポートのおかげで少しずつ緊張がとれました。実際の介護現場での実習は大変でしたが、たくさんの貴重な経験ができました。特に食事の介助が難しく悪戦苦闘しましたが、職員さんの指導のおかげでできるようになりました。次の実習もがんばりたいです!

清水 拓也(高校卒業→世田谷福祉)

介護現場を体験しながら学びの理解を深められます

清水 拓也

学生と先生との距離が近く、わかるまで教えてもらえる安心して学べる介護福祉学科です。特別養護老人ホームの施設実習やボランティアで常に介護の現場を体験しながら、授業内容をリアルに確認し理解していけるのもいいですね。卒業後の就職先はすぐに決まりました。どんな時にも臨機応変に対応できる信頼される介護福祉士になるべく、卒業までしっかり勉強します。

ページトップへ