1年次

介護福祉士をめざすための基本的な知識と実技を学びます。
また、2回にわたる実習やボランティアへの積極的な取り組みをとおして、学習の幅を広げ、実践的な力を養います。
1年次

時間割

介護の基本

介護の基本

専門科目の導入とも言える学習です。

介護福祉士というプロをめざし、基本的な内容を演習も取り入れながら実践的に学びます。

コミュニケーション技術(手話)

コミュニケーション技術

相手の立場を尊重し共感する姿勢で学び、利用者との円滑な介護関係を築くための実践力を養います。
そのために、聴覚障害者のコミュニケーションに必要な手話をろうの先生から楽しくわかりやすく学びます。

介護実習計画

段階 期間 施設
介護実習Ⅰ a
介護実習Ⅰ b
11月-2週間
2月-2週間
介護老人福祉施設
介護老人保険施設
デイサービスセンター
訪問介護
障害者施設

在校生からのメッセージ

佐野 夏美(高校卒業→世田谷福祉)

音声以外のコミュニケーションを身に付けられる手話の授業が新鮮

佐野 夏美

授業は少人数で自分のペースで学べ、気軽に質問できるのがうれしいです。特に生活支援技術ⅡA(介護技術)では、グループに分かれ、先生の指導はもちろん学生同士で介助の手順や根拠を確認し合い学んでいます。和気藹々で好きな授業のひとつです。そして、本学ならではの授業が、ろうの先生から直接学べる手話です。自分の名前から始め、趣味や自己紹介の表現に進んでいきます。先生もわかるまで丁寧に教えてくれるのでとても楽しいです。

永美 淳子(社会人→世田谷福祉)

いろいろな世代の同級生から刺激をもらえる学習環境です

永美 淳子

積み重ねのある仕事がしたいと、職業訓練指定校の中で自宅から近い本学へ入学しました。「社会福祉法制」では自分が知らない社会の仕組みや法律に触れ、視野が広がりました。「生活支援技術」では移動や着脱を学生同士、互いにモデル役を務めながら実習しています。実技テストではビデオに撮り評価する実践的な授業です。いろんな世代の同級生からも刺激をもらっています。

ページトップへ